フランクフルト 対 バイエルン。 海外の反応「天才だ」鎌田大地、世界王者から1G1A!バイエルン撃破に貢献し称賛続出

バイエルン今季3敗目で停滞 フランクフルト鎌田が先制弾

現地時間2月20日に行なわれたブンデスリーガ第22節で、フランクフルトは首位バイエルンをホームに迎え、2-1で勝利を収めた。 「守備をとにかく頑張って、走る量を増やして、できるだけ対人に勝つ」という地道なチームプレーをこなしたうえで、攻撃に切り替わればゴール前に顔を出してゴールやアシストでも貢献するオールラウンドな選手に進化を遂げつつある。

13

「王者は手遅れだった」バイエルン撃破のカギを握った、フランクフルトの3人とは? ブンデス公式が注目のデータを紹介(SOCCER DIGEST Web)

レアルサポ 鎌田は世界一のサッカー選手だ。

フランクフルト対ハンブルクはドロー〜BL

ヨヴィッチ、コスティッチ、ユネス、鎌田、フランクフルトには攻撃的なタレントが揃っている。 ブンデスリーガ第22節、フランクフルトvsバイエルンが20日に行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。 一方、クラブ・ワールドカップ優勝を果たしたバイエルンは前節、格下ビーレフェルトとまさかの打ち合いになった末、引き分けに終わった。

フランクフルト対バイエルンの試合日程・放送予定/ブンデスリーガ第15節

第12節のボルシアMG戦でベンチスタートになり、第13節のアウクスブルク戦は今季初の出番なしに終わっていた。

20

バイエルン今季3敗目で停滞 フランクフルト鎌田が先制弾

ビルドアップの時でもファイナルサードでも同様に効果を発揮し、ライン間に入ってプレーを均衡を崩すために貴重なランをしている。 主導権を握って試合を進めるフランクフルトは31分に追加点奪う。 右サイドのレロイ・ザネを中心とした攻撃を繰り出し、フランクフルトのゴールに迫った。

2021/02/20 ブンデスリーガ フランクフルト 対 バイエルン・ミュンヘン のテキスト速報と結果はこちら

直近10試合のリーグ戦で8勝2分け、4連勝と絶好調の4位フランクフルトは長谷部と鎌田が揃って先発。 39分にはキミッヒのミドルシュートはGKトラップが横っ飛びではじき、こぼれ球をコマンが押し込むも再びトラップがセーブ。

15