ガルシア マルケス。 ガルシア=マルケスのマジックリアリズムに溺れる傑作9点を教える

ガルシア・マルケスとは

最初から最後まで、とんでもない密度と展開の速さで、エピソードが続いていきます。 「世界の政治指導者や作家ら、ガルシア・マルケス氏を悼む」AFPBB 2014年4月19日 2019年11月26日閲覧• 日本語版はにから刊行された。

ガブリエル・ガルシア=マルケスが描いたラテンアメリカ 「魔術的リアリズム」の背後にある苦難の歴史(1/8)

マコンドとホセ・アルカディオ・ブエンディアに文明の利器・技術を持ち込む。

8

ガブリエル・ガルシア=マルケス

本の口をこじあける。 砂時計に残された時間がないというのではない。 コロンビアで何かがあるたびにスポークスマンのような役割を果たすこともある(についての言及など)。

10

大衆作家・ガルシア・マルケス:「おしゃべり人生」か「ほら吹き人生」か

「ラテンアメリカ十大小説」p89 木村榮一 岩波新書 2011年2月18日第1刷• ——つい最近、翻訳本を出されましたね。

9

ガルシア=マルケスのマジックリアリズムに溺れる傑作9点を教える

アウレリャノの初体験失敗。 過去に宗主国を戴く植民地だった国の人々は、どうしても過去の宗主国の文化をノスタルジックに思い出すことが多いらしく、実際、文学の内容にも影響を与えています。

7

百年の孤独

エドゥアルド・ガレアーノというウルグアイのジャーナリストで政治や歴史など多彩なジャンルを結びつけた作品を発表している方です。 『』『』は、2002年にノルウェイ・ブッククラブによって「世界傑作文学100」に選ばれる。 その大学時代にジェイムズ・ジョイスやフランツ・カフカ、フォークナーなどを読み、ガルシア=マルケスの作風の土台を作っています。

20