ベンタス シャフト。 【保存版】ベンタスブラック試打&振動数!前作ベンタスブルー徹底比較

「一発打って、即チェンジ」浅地洋佑が『ベンタス』シャフトに一目惚れした理由とは?

その流行に応えた「ベンタス」は、シャフトの先端部分が硬く、 トルクが少ないハードヒッター向けの手元調子系のシャフトになっています。 VENTUS RED US は、先調子と言われてますが、実際のところは意外と先端も硬くなっており、先端が走る先調子のシャフトとは全く振り心地が違っており、チーピンが出にくい設計となってます。

10

渋野日向子も採用?フジクラのベンタスシャフトを野村タケオが試打!|ゴルフサプリ

僕はヘッドスピードが43~44ぐらいですが、シャフトのしなりも感じて打てましたね。 適度にしなりは感じるので振り心地も良く、フッカーはもちろん、球が暴れ気味という方にも試してもらいたいシャフトです。

フジクラ・VENTUS(ベンタス/ヴェンタス)ブルーシャフトの特徴を紹介|ツアープロ仕様のブレないシャフト

……というやり取りの後、いてもたってもいられず、打席に入る鹿又さん。

6

【選び方】VENTUS(ヴェンタス)シャフト特徴&種類をわかりやすく解説|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

また、スピン量が多めのたけちゃんであるが、試打データのスピン量は通常よりも抑えられている。 この辺は日本と同じなのですが、アメリカでは、この次に人気があるのが60グラム台のXや70グラム台のSになります。

13

VENTUS non

ベンタスに新たなシャフトVENTUS BK(ベンタスブラック)が発売された。

6

【保存版】ベンタスブラック試打&振動数!前作ベンタスブルー徹底比較

日本では渋野日向子選手が使用して、大注目のシャフトとなった。 価格、入手方法およびスペック ヴェンタス全種のメーカー希望小売価格は350ドル。 現在ベンタスブルーを使用しているゴルファーで、ベンタスブラックを検討している方は注意が必要だ。

5

フジクラ・VENTUS(ベンタス/ヴェンタス)ブルーシャフトの特徴を紹介|ツアープロ仕様のブレないシャフト

安定感が素晴らしいだけでなく、飛距離も抜群。 ヴェンタス ブラックは手元と先端を硬く、中間部においてもかなり硬めに仕上げることで、ヴェンタス ブルーに比べて低打ち出し角、低スピンを実現している。 ベンタスシリーズは3種類あって、ブルーは中間的な特性を持っています。

11