ミス パイロット 10 話。 JA8094's 航空機 Diary

JA8094's 航空機 Diary

だが晴の訓練中、国木田は「弦太」を思い出すという。

19

ミス・パイロット

母もまた、晴がパイロットになるまでは絶対に生きて見せると約束してくれたのだ。 晴(堀北真希)は、母親のよし美(根岸季衣)のことを気にかけながらも精一杯訓練に励んでいた。

ドラマ「ミス・パイロット」第10話 あらすじ感想「翔べ!いざ、ファイナルミッションへ!」

手塚晴」 「・・・茶化すな」 ほんとに最後まで二コリともせず、沈んだ表情のままの国木田です。 よくじゃれあってるでしょ?あのふたり」 凛子がそばにいるのに、余計なことを言うすず。 晴は素質があるといい、もっといい教官がついていたらもっと早く上達したのではないか、弦太の分まで晴には頑張ってほしいと話していた。

MissPILOT(ミス・パイロット)あらすじ・レビュー(第10話)フジテレビ系列12月17日放送

でも、千里の言葉に複雑そうでもあったし、すずは「図星」とか言ってるし。 「・・・変だな」 「えっ?」 「いや、俺の時は結構、夜遅くまでネチネチやられたから・・・。 だがその時、父から電話が入る。

7

ミス・パイロット

そこへ様子に見に国木田が戻ってきます。 倫子(菜々緒)たちと飲みに行っていた千里は、国木田が晴を気にかけてばかりいると倫子から愚痴を聞かされる。

MissPILOT(ミス・パイロット)あらすじ・レビュー(第10話)フジテレビ系列12月17日放送

4人の訓練生が自習室に入ってきます。 晴」 「そうだな~」. 国木田はさすがに貫録があって、落ち着いて見ていられるんですが、晴は見てるだけでオロオロするぅぅぅぅ~~。

20

ミス・パイロット・第10話 感想(後編): 山吹色きなこ庵・きままにドラマ

このままでは晴をだめにしてしまうと不安になっていたのだ。

[mixi]第10話(12/17)『翔べ!いざ、ファイナルミッ

バディとして3年近く一緒にいて、打たれ強いと思い込んでいた玄太が、自分のキツイ指摘をまともに受け止めて壊れてしまった。 気にしないで」とよし美。 苦難に立ち向かいながら、大きな夢に向かって切磋琢磨する晴の姿を中心に、彼女が副操縦士になるための4年の歳月を追う。

19