原子力 発電 所。 日本の原子力発電所

日本の原子力発電所

日本の分のみ2014年1月31日時点、他の国・地域は2014年1月1日時点。 8月27日、日本第1号原子炉、原研のJRR1臨界(ウォーターボイラー型熱出力50kW) 1957年には、加盟の9電力会社 およびの出資によりが設立された。 発電所建設費の例 [ ]• 他にイギリス、、等の大国や、、といった北欧・東欧諸国で原子力発電を利用中である。

14

原子力発電所の放射線管理 - 原子力発電所の安全確保 | 電気事業連合会

この反応をといい、連鎖反応の進展程度を示す増倍係数 k が1. 非常用発電機追加対策。 東日本大震災以降の原発をめぐる主な動き 11年3月 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故 12年5月 泊原発(北海道電力)3号機が運転停止、42年ぶりに国内の原発稼働ゼロ 12年6月 原発の運転期間が原則40年までに延長 12年7月 大飯原発(関西電力)3、4号機が再稼働 (原発ゼロ2カ月ぶり解消) 12年9月 原子力規制委員会発足 13年7月 自然災害やテロ攻撃に備える原発の新規制基準施行 13年9月 大飯原発3、4号機が定期検査入り、再び原発ゼロ 14年4月 第4次エネルギー基本計画閣議決定「原発は重要なベースロード電源」と位置付ける一方で、「再生可能エネルギーの導入などで原発依存度は可能な限り低減」 15年8、10月 川内原発(九州電力)1、2号機再稼働 (新基準施行後最初の再稼働、原発ゼロ1年11カ月ぶり解消) 16年1、2月 高浜原発(関西電力)3、4号機再稼働 16年8月 伊方原発(四国電力)3号機再稼働 18年3月、5月 大飯原発3、4号機再稼働 18年3月、6月 玄海原発(九州電力)3、4号機再稼働 18年7月 第5次エネルギー基本計画閣議決定 「2030年度に原発による発電比率を20~22%にする」 20年11月 宮城県の村井嘉浩知事が女川原発(東北電力)再稼働に同意。

17

日本の原子力発電所マップ

巨額のコストを掛けて安全対策をしても、再稼働にはいくつものハードルが待ち受ける。 その後プルトニウム生産のため試験炉や生産炉が各地に建設された。 2010年4月1日時点の [ ]よりアーカイブ。

7

日本の原子力施設の状況

への建設を計画しているとされる。 この放出された放射性物質による線量は、法令に定められた限度を超えないようにすることはもちろん、合理的に達成可能な限り低くするよう管理しています。 女川原発は、震災で屋外重油タンクが倒壊、冷却系が浸水するなどの被害があり、さらに、福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉であるため、地元住民からは慎重な意見も根強い。

20

原子力発電のしくみ

原子力発電においては、これらが自由に制御されなければならない。 運転期間20年延長認可。 反対には発電量に占める原子力発電の割合が世界で最も高い国である。

5

日本の原子力施設の状況

社会的な影響とは、被ばくを低減するために住民などが避難を余儀なくされることや、放射線による健康影響に対して不安を感じること、農畜産物などの風評被害が発生することです。 原子力発電は、核分裂反応で発生する熱を使って水を沸騰させ、その蒸気でを回すことで発電機を回して発電する。

原子力発電の特徴

による。

4