サッカー ワールド カップ。 1982 FIFAワールドカップ

2014 FIFAワールドカップ

トーナメントの組み合わせは、1回戦のみ1位通過チームと別組の2位通過チームの対戦となる。

1982 FIFAワールドカップ

詳細は「」を参照 開催国選定の経緯 [ ] に行われた記者会見で、会長は、「"以降のワールドカップ(以下 W杯)では各大陸連盟での持ち回りで開催する" と定めた原則に基づき、での開催を前提としている」という主旨の発言をした。

【一覧】FIFAワールドカップ歴代優勝国

果たしてどうなるでしょうか。 また、従来の不透明なワールドカップ招致手順を明確化し、各段階で審査プロセス等を公式発表していくとした。 補償金制度は以降も継続して採用されている。

【一覧】FIFAワールドカップ歴代優勝国

準決勝は、両試合とも6対1で決着がつき、アルゼンチン( 対アメリカ)とウルグアイ( 対ユーゴスラビア)が勝ち進んだ。 ブラジル開催決定 [ ] 、コロンビアサッカー協会はFIFAワールドカップの招致を断念したと発表。

15

1930 FIFAワールドカップ

これまでの歴代優勝国は、(5回)、、(4回)、、、(2回)、、(1回)の8か国・地域である。 国・地域名は現在の名称で統一した(を除く)• が摂氏32度を越えるという条件下において、前半、後半の各30分以降に主審の判断で3分以内の「クーリングブレイク」を与えることが可能となった。

1982 FIFAワールドカップ

世界を6地区に分け方式で行う(地区によっては参加国の中から1か国集中型の「方式」や2か国を特定する「ダブルセントラル方式」を取り入れる場合もある)。 その後、でブラジルが3回目の優勝を成し遂げた際、規定で「ジュール・リメ・トロフィー」が永久保持となったため、それに代わる優勝トロフィーのデザインを一般から公募、イタリア人の彫刻家、のデザインによる新たな優勝杯が作成された。 表向きは「開催立候補国を多く出させ易くする為」という理由でこの原則が見直され、 直近の2大会の開催地のある大陸以外から立候補国を募るという事に改正された。

【一覧】FIFAワールドカップ歴代優勝国

Terra Esportes Brasil 2011年5月30日. 現在のルールでは、本大会に進めるのは32か国(まではとを除き16か国、からまでは24か国で、32か国になったのはからである)。

11

1930 FIFAワールドカップ

各組上位2チームと、各組3位のチームのうち成績上位4チーム(合計16チーム)が決勝トーナメントに進出。