国交 省 河川 情報。 日刊建設工業新聞 » 国交省/河川整備基本方針の抜本見直し着手/流域治水を全国展開、気候変動も反映

一般財団法人河川情報センター

2010年までの実績雨量を元に基準値を算出し、気候変動に伴う雨量の増加率「降雨量変化倍率」を掛けて将来の雨量を導く。 流域の関係者が協働して対策に取り組む「流域治水」の全国展開を図る。 将来の世代に、安全をしっかり残すという重要なことと認識している」と話した。

20

国土交通省 東北地方整備局 新庄河川事務所 防災情報

最上川水系流域委員会 最上川水系河川整備計画(平成14年策定)に基づき実施される各種事業の進捗や事業評価について、毎年学識経験者からなる委員会に諮り、審議いただいています。 河川情報 河川管理 河川改修事業 最上川中流写真集 最上川中流大規模氾濫時の減災対策協議会 最上川水系流域委員会 最上川中流管内図 7,381kb 関連情報 PDFデータをご覧になるにはADOBE READERが必要になります。

日刊建設工業新聞 » 国交省/河川整備基本方針の抜本見直し着手/流域治水を全国展開、気候変動も反映

| | | | | | | | | | | 国土交通省 東北地方整備局 新庄河川事務所 〒996-0071山形県新庄市小田島町5番55号 TEL 0233-22-0251 Copyright C 2004 Shinjo Office of River.。 国は平均気温が4度上昇した場合の降雨量変化倍率を、対象の2水系が流れる地域で1・2程度と推定している。 今後、昨年7月の豪雨で甚大な被害が発生した球磨川水系などにも対象を拡大する予定だ。

13

日刊建設工業新聞 » 国交省/河川整備基本方針の抜本見直し着手/流域治水を全国展開、気候変動も反映

最上川中流大規模氾濫時の減災対策協議会 最大規模な浸水被害に備え、隣接する自治体や県、国等が連携して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体的かつ計画的に推進するための協議会です。

日刊建設工業新聞 » 国交省/河川整備基本方針の抜本見直し着手/流域治水を全国展開、気候変動も反映

。 。

10

国土交通省 東北地方整備局 新庄河川事務所 防災情報

。 。 。

8

一般財団法人河川情報センター

。 。

一般財団法人河川情報センター

一般財団法人河川情報センター

。 。