アイス バケツ チャレンジ 死亡。 「アイス・バケツ・チャレンジ」の中心人物、ピート・フレーツ氏の訃報

【悲報】 アイスバケツチャレンジで死亡 [431917766]

参加者は、このチャレンジを受けて立ちますと宣言した上で、バケツ一杯の氷水をかぶり、終わるとほかの誰かを指名する。 「協会」の先の明文でも、 皆さまへのお願い 「アイスバケツチャレンジ」で、冷たい氷をかぶることや、寄付をすることは強制ではありません。 米国で「ルー・ゲーリック病()」とも呼ばれるALSを発症したボストン()地区出身のピート・フレーツ()さんは、2014年にソーシャルメディアで大流行したアイスバケツチャレンジの発案者の一人。

「氷水チャレンジ」発案者、飛び込み事故で死亡 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

但し、以下の点は、誤解をなされないように。

5

[B!] 【悲報】ついにアイスバケツチャレンジで女性が死亡⇒その死に方があまりにも無惨すぎる

c AFP. アイス・バケツ・チャレンジが有名人を中心に流行している中、 その創始者の一人とされる人間がまだ27才 投稿ナビゲーション. 拡がれば過激化する こういった、氷水かぶりが一部で「過激化」するのは当然の流れです。 地元警察が発表した目撃証言によると、グリフィンさんは一度水面に浮上したが、その後再び水中に沈み、再度浮上することはなかったという。 ノリでやっているので、安全性を度外視• 日本でも孫正義氏や山中伸弥教授などが行い、ネットを超えて社会的な注目を浴びている、アイスバケツチャレンジ。

14

「氷水チャレンジ」発案者、飛び込み事故で死亡 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者を支援しようと、バケツに汲んだ氷水をかぶるキャンペーンが世界に広がっているが、この発案者のひとりが海でおぼれて死亡したと、米メディアが2014年8月20日までに伝えた。 成果 [ ] この運動によって集まった資金でプロジェクトMinEというALSの研究プロジェクトが立ち上がり、プロジェクトMinEによって () NEK1 というALS治療における重要な遺伝子が発見された。

“アイスバケツチャレンジ”は現代版“不幸の手紙。”セレブ支持で広がるキャンペーンの問題点(猿渡由紀)

地元警察責任者によれば、高圧線に直接触れなくても1メートル以内に近付けば感電の恐れがある。 氷水がもたらしたこの勢いを、ALS協会が、今後どう有効に活かしていくかが注目される。

5

「アイスバケツチャレンジ」:え?! どうして悪いの?:寄付もチャリティーも普通になる日はいつだろう(碓井真史)

具体的に誰が思いついたアイデアなのかは明らかになっていないが、効果はすばらしく、7月29日の時点で、すでに1560万ドルが集まったという。 運悪ければ、死亡者も出ます。

10

bodyhub.com : アイス・バケツ・チャレンジ発起人のフレーツさん死去 34歳、闘病の果てに

フレーツさん自身、ALSを患い、長年の闘病を続けていた。

17