ヘナ 染め。 ãƒ˜ãƒŠãŽãƒĄãƒĒットãƒģãƒ‡ãƒĄãƒĒット

5嚴間ヘナ染めしãĻいるį§ãŽæŸ“め斚とã‚ŗツīŊžåŽŸčˇĩįˇ¨īŊž

ぞたīŧ“ãƒļ月垌ãĢã¯ãƒ˜ãƒŠãŽč‰˛į´ ã¯ãģãŧ抜けãĻã—ãžã†ã“ã¨ã‚‚č€ƒãˆã‚‹ã¨æ šå…ƒã¨æ¯›å…ˆãŽč‰˛ãŽåˇŽã¯äģŠäģĨ上ãĢåēƒãŒã‚Šæ šå…ƒãŽãƒ—ãƒĒãƒŗįŠļ態が際įĢ‹ãŖãĻしぞいぞす。

č‡Ē厅でã‚ģãƒĢフã‚Ģナãƒŧīŧãƒ˜ãƒŠã§į™ŊéĢĒを染めたらこんãĒ感じīŧ†ãƒ˜ãƒŠæŸ“ぎã‚ŗツ

全部洗いæĩã™ãŽã§ã¯ãĒく、ペãƒŧ゚トぎãŋをčŊとすようãĒ感čĻšã§æ´—いæĩã™ã‚ˆã†ãĢしぞしょう。 éģ’éĢĒだけぎ場合は変化はãģとんおありぞせん。 一åēĻヘナで染めたら、染めたところは切らãĒã„ã¨č‰˛ãŒæŠœã‘ãžã›ã‚“ã€‚

13

ヘナぎäŊŋį”¨æ–šæŗ•

ã‚ŋã‚ĒãƒĢ2枚â€ĸ そぎ内ãĢčŠĻそうと旊速čŗŧå…Ĩしぞした。 č€ŗぎ上ぎ部分ãĒãŠã¯ã€æ­¯ãƒ–ãƒŠã‚ˇã§ãƒ˜ãƒŠã‚’åĄ—ã‚‹ã¨ã€åĄ—ã‚Šã‚„ã™ã„ã§ã™ã€‚

7

《ヘナį™ŊéĢĒ染めぎé ģåēĻ》は写įœŸã§čĻ‹ã‚‹ãŽãŒæ—Šã„、最もよく染ぞるぎは?

そぎ間ãĢ、įŸŗã‘ã‚“ã‚„ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧéĄžã§įļēéē—ãĢ洗いčŊとそうとすると、せãŖかくぎヘナもčŊãĄãĻしぞいぞす。

【ハナヘナでį™ŊéĢĒ染め】č‡ĒåŽ…ã§ãƒ˜ãƒŠæŸ“ã‚ã‚’čĄŒã†éš›ãŽãƒ‘ãƒŧフェクトマニãƒĨã‚ĸãƒĢīŊœãƒ–ログ

ぞた、éģ’éĢĒとį™ŊéĢĒã‚’åŒã˜č‰˛ãĢ均一ãĢ染めることもできぞせん。 そぎため、厚期įš„ãĢįžŽåŽšåŽ¤ã§æŸ“めãĻいくことで染ぞりをčŖœæ­ŖしãĻいくåŋ…čĻãŒã‚りぞす。

ヘナでブナック(éģ’色)ãĢ染めれるぎか?įžŽåŽšå¸Ģが《検č¨ŧãƒģč§ŖčĒŦ》

頭頂部から順ãĢ2ã‚ģãƒŗチくらいぎ感čĻšã§æ¨ĒãĢ゚ナイ゚をとり、栚元ãĢåĄ—ãŖãĻいきぞす。 ナジãƒŖã‚šã‚ŋãƒŗヘナâ€ĸ 暗いところでは、染ぞりはわかりãĢくいです。

8