スキー 検定 1 級。 【基礎スキー】バッジテスト1級新種目:総合滑降(フリー)とは??わかりやすく解説

【コブ苦手な人必見!】スキー検定1級の不整地小回りの合否の分かれ目

この時しっかりした外向姿勢が出来ていないとコブの衝撃が横に逃げてしまい、外に飛ばされてしまうので気を付けましょう。

11

スキー検定 1級とテクニカルの差は広がっている?

2級も事前講習がありますが、これは任意です。 「公認スキー指導員検定」は、技術を教える指導者を目指す人が取得する資格。 上体の向き(捻り) 上体の上下動(吸収) 板の向き 71点以上 フォールラインに 向いている時間が長い 多少の上下動がみられる コブを越え、少し板が 外方向に向かった後に ターンを行う 69~70点 左右に振れてるが、 減速するほどではない 上下動が見られるが、 大きくバランスを 崩すほどではない コブを越えるとすぐに ターンを行うが、 そのままフォールライン 方向に滑り降りる 68点以下 大きく左右に振れている コブに当たった衝撃で、 バランスを崩す コブを越えるとすぐに ターンを行い、コブの裏で 斜滑降を行う 加点要素 板のトップからバンクに入る 既に1級レベルではありません。

9

スキー バッジテスト1級 コブの滑り方

板を横に向けたまま斜面を削っていくとスピードも出ず、安全に下りてくることが出来るので初心者の方はこの滑り方で慣れていきましょう。 スピードが速い• 小さな差であれば問題ありませんが、大きく異なるようだと減点になります。

16

スキー検定とは(SAJ・SIA等)

正直、ちょっと混乱することも多々ありました。

8

スキー検定とは(SAJ・SIA等)

受験は13歳以上でなければ受ける事が出来ず、受験するためには事前に講習を受ける必要があります。 さらに上を目指すためには自分の技術をもっともっと磨いていかなければいけません。

13

スキー検定とは(SAJ・SIA等)

200点満点の60%で合格となります。 沢山滑って、自分なりの自信を磨いて、スクールや講習にも入って、 検定も何回も受けて、自分に足りないモノを理解して、進みましょう。 ということで、超個人的な意見ですが、次に検定のメリット・デメリットを上げてみたいと思います。

7