しょう れん bl。 しょうれんZIP3

しょうれんZIP3

「~~!!変態ッ」 「レンが可愛いことするからだよ、、レン、好きだよ」 「ばか、、っ」 「昨日結局レン、気持ちよすぎて気ぃ失っちゃって途中で終わったから、、ね」 「カイトが激しくするから、、あ、、、」 「あはは、顔真っ赤」 「うるさい!!」 「レン、だめ?」 「、、わかってるくせに、、」 「んー?」 「うぜぇっ!!」 「ははっ、ほら、早くしないと、、レンだってここ苦しいでしょ?」 「な、、っ」 「体は素直だなぁ、、ねぇ、レンもたまには俺に甘えてよ、ツンツンしてるレンも可愛いけど、さすがに寂しいな、、」 「、、だ、だって」 「うん」 「は、恥ずかしい、、から、、カイトだから、恥ずかしい、、」 「俺には恥ずかしいの?じゃあ他の人には甘えられるの?」 「そっ、そうじゃなくて!!か、いとは、、特別、だからっ、好きだから、恥ずかしいの!!!!」 あぁ、もう無理、、 「レン、、、それ、反則だよ」 「ひ、あ、、、カイト、、」 「ん、?」 「だ、、だ、抱いて、、ください、、っ」 「あはは、敬語」 「笑うな!!」 「いいよ、昨日の分も、、たくさんシてあげる」 ~ 「ん、、はぁ、、も、もういい、からっ、、早く入れて、、」 「うん、、、大丈夫?」 「大丈夫だからっ、、早く、、っ」 「入れるよ、、」 ずぷ、、っ 「ひゃああっ、、ああ、あ、カイトぉ、、っ」 「そんな、、可愛い声で呼ばないでよ、、また、昨日みたいに、、」 「我慢、しなくていいから、、っ、、気絶しちゃうくらいに、、、して?」 「馬鹿、、」 ぎりぎりまで引き抜いて、これでもかっていうくらい強く、レンの最奥まで突き付いた。

5

キンプリポリスのしょうれんに悶絶!6/8少クラ

24位• 220 円• カイトさんはキャラが彷徨ってます。 今いくつか思いついていてどれにしようか悩んでる所です。

7

作者の趣味つめつめ

この作品は生物BL小説です。 やってます! 「おーい、廉ー」 俺の大好きな人の声が聞こえる。

15

しょうれん BL

しょうれんの ポリス姿の絵面の強さにプラスして、「 参上!キンプリポリス!」のオモシロポーズがサイコー過ぎる。 川琴ゆい華• なんとなくわかったで そーゆーことやんな。 紫耀~~、、、。

5

「しょうれん」のTwitter検索結果

(あ、「きしめん」ね。 もうちゅーしたい 神「はいはいラブラブしな~い!俺らまだいちゃいちゃしたいんで」 紫「邪魔者は帰りま~す!」 手を握り、神たちに手を振る 廉「あっ…ちょ…紫耀……」 紫「なぁ廉はさ、男同士ってどう思う?」 廉「なんや急に………男同士の…なんや……」 紫「やっぱ何でもないわ笑」 なに聞いてるんやろ俺。 3人の性格上自らドセンに立つ訳なくて、でもドセンに居るのってジャニーさんからのメッセージでしかないんだよ…。

15

しょうれん BL

付かず離れず、隣に並ぶだけで最強とはまさにこのこと。

20

キンプリポリスのしょうれんに悶絶!6/8少クラ

イザイアと身体の関係を結んでしまったリエトだが、この関係が彼の立場を危うくすることに気づき、一方的に姿を消す…。

4

キンプリポリスのしょうれんに悶絶!6/8少クラ

なんて呼べばいいの?よくわかんなくてぐるぐる回った結果永瀬呼びに落ち着いてきつつありますけど。 (廉くんじゃないけど)海人の「花に想いを」が懐かしかった• 次のタレコミを紫耀くんが読もうとする間に、のんちゃんにべったべたな廉くん。 なんやねん廉」 抱きついてしまった!! 「いやなんとなく」 大好きな紫耀の匂い。

2

キンプリポリスのしょうれんに悶絶!6/8少クラ

「~~!!変態ッ」 「レンが可愛いことするからだよ、、レン、好きだよ」 「ばか、、っ」 「昨日結局レン、気持ちよすぎて気ぃ失っちゃって途中で終わったから、、ね」 「カイトが激しくするから、、あ、、、」 「あはは、顔真っ赤」 「うるさい!!」 「レン、だめ?」 「、、わかってるくせに、、」 「んー?」 「うぜぇっ!!」 「ははっ、ほら、早くしないと、、レンだってここ苦しいでしょ?」 「な、、っ」 「体は素直だなぁ、、ねぇ、レンもたまには俺に甘えてよ、ツンツンしてるレンも可愛いけど、さすがに寂しいな、、」 「、、だ、だって」 「うん」 「は、恥ずかしい、、から、、カイトだから、恥ずかしい、、」 「俺には恥ずかしいの?じゃあ他の人には甘えられるの?」 「そっ、そうじゃなくて!!か、いとは、、特別、だからっ、好きだから、恥ずかしいの!!!!」 あぁ、もう無理、、 「レン、、、それ、反則だよ」 「ひ、あ、、、カイト、、」 「ん、?」 「だ、、だ、抱いて、、ください、、っ」 「あはは、敬語」 「笑うな!!」 「いいよ、昨日の分も、、たくさんシてあげる」 ~ 「ん、、はぁ、、も、もういい、からっ、、早く入れて、、」 「うん、、、大丈夫?」 「大丈夫だからっ、、早く、、っ」 「入れるよ、、」 ずぷ、、っ 「ひゃああっ、、ああ、あ、カイトぉ、、っ」 「そんな、、可愛い声で呼ばないでよ、、また、昨日みたいに、、」 「我慢、しなくていいから、、っ、、気絶しちゃうくらいに、、、して?」 「馬鹿、、」 ぎりぎりまで引き抜いて、これでもかっていうくらい強く、レンの最奥まで突き付いた。 意味の分からない方・苦手な方は BACKでお願いします。 永瀬って足なっっが!!ってわけじゃないけど、顔小さくて手足すらっとしててスタイルいいな~とあらためて思いました。

8