三菱 電機 不正。 三菱電機もUL不適合、電磁開閉器の部品 製造現場の設備に影響

三菱電機が設計不正、自動車業界を震撼させる「偽の宣言書」

顧客である自動車メーカーにたいしてEUの規格に合う「偽の適合宣言書」を提出したうえ、「改造品」を使って適合性評価試験を受審。 2月7日に防衛省の機微情報流出の可能性が浮上。 不正アクセスにより、同社や子会社である三菱電機インフォメーションネットワークで利用する「Office 365」のアカウント情報が窃取され、それら情報をもとに「Office 365」や関連サーバに対して攻撃が展開された。

6

三菱電機グループが品質体制の調査結果を公表、一部で不適切行為:製造マネジメントニュース

関連記事• 日本国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行いました。 また、顧客要求の検査漏れの面では、顧客から「最終製品の安全性に問題ない」旨の回答を得ているとした。

三菱電機が設計不正、自動車業界を震撼させる「偽の宣言書」

この反省から会社側が再発防止策として「風通しよくコミュニケーションができる職場づくり」や「メンタルヘルス不調者への適切なケアの徹底」等を目指し、「三菱電機 職場風土改革プログラム」を今年1月に公表した。 それだけでは収まらず、自動車メーカーからの失注(受注を失うこと)の事態に陥る恐れもある。 同日 三菱電機が不正アクセス被害を発表。

三菱電機グループが品質体制の調査結果を公表、一部で不適切行為:製造マネジメントニュース

全社再点検は三菱電機子会社のトーカンで2018年12月に発覚した不適切検査を契機に実施された。 その結果、複数のグループによる攻撃を受けていた可能性があることが判明。 Paloalto Networks• 昨年11月、三菱電機が再びサイバー攻撃に見舞われたことを朝日新聞デジタルで速報した では、365を利用するにあたって、従来のIDとパスワード認証に独自の認証システムを加えた「二段階認証」を採り入れていた。

2

三菱電機の「偽の宣言書」に自動車メーカー幹部が大激怒しているワケ 不正を告発できない「職場風土」

社内調査は2020年1月20日時点でも行われており、記者会見等は予定されていない。 ウイルスはハッカーの遠隔操作を受け、社内のPCやサーバーに不正アクセスを繰り返していたという。 世界中の企業が導入する365も、堅牢なセキュリティー対策を売りにする。

10

三菱電機の「偽の宣言書」に自動車メーカー幹部が大激怒しているワケ 不正を告発できない「職場風土」

同日 官房長官が三菱電機の事案について経産省、NISCを中心に引き続き注視する考えをコメント。

三菱電機へのサイバー攻撃、VPN装置にハッキングか:朝日新聞デジタル

三菱自動車「25年の詐欺」を新聞各紙が冷静に分析 2016. マルウェアの使用やソフトウェアの脆弱性については否定した。 UL規格への不適合の事実は、21年4月26日に同社が実施した社内調査で判明し、同日に不適合品の出荷を停止した。 (出所:三菱電機) *1 UL規格 米国の第三者安全科学機関であるUnderwriters Laboratories(UL;アンダーライターズ・ラボラトリーズ)が策定する製品の安全規格。

8

三菱電機、新たに1115件の情報漏えい明らかに 中国経由で不正アクセス

自動車の本場であるヨーロッパにおける評判は世界中にも広がりますし、ナショナリティとして日本の他メーカーにも悪影響となりかねません。 [PDF] (第 3 報)• 三菱電機は6月28日に検出した不審ファイルの調査を通じ過去10年間の攻撃状況を調査。 だが、「今後、外部の専門家の協力を得た調査を検討する」(同社)として、不適合に至った経緯や原因などの詳細は明かしていない(21年5月7日時点)。

17

三菱電機もUL不適合、電磁開閉器の部品 製造現場の設備に影響

三菱電機が車載オーディオ機器用ラジオ受信機(以下、車載ラジオ)に関して不適合品を出荷し続けていた問題で、日経クロステックは国内自動車メーカー12社を対象に、不適合品の採用状況について聞き取りを行った。 このため、攻撃者はOffice 365への不正ログインさえ成功させれば情報を盗める状態だった。

9