西川 美和。 西川美和

西川美和

-ちょっと親切な人が3人いると、大きな支援になっています。

11

西川美和監督が新作で問う、社会と映画が失いつつある多様性【CINEMA ACTIVE! 撮る人々】

脚本を書く際に一番いいのは、24時間そのことを考えていられる状態で、寝ているときも、ずっとその夢を見ていると言う。 故郷とは、戦争とは、人生とはなんなのかと、焼け野原となった広島で思案するに至り……。

2

西川美和とは

『その日東京駅五時二十五分発』(、2012年。 あとがきで作者は、広島県に生まれ育った身として、幼少期からこの戦争と向き合わなければならなかったという、少々苦い思いを吐露されています。

「22歳で“結婚しない人生”を選んだ」西川美和監督の仕事観②(FRaU編集部)

だがある日、火災で店が全焼し、夫婦はすべてを失ってしまう。 エピソード [編集 ] オリジナル脚本の『蛇イチゴ』と『ゆれる』は、いずれも自身が見た夢が題材となっている。

5

映画『 ゆれる 』公式サイト

フィルモグラフィー [編集 ] 映画 [編集 ]• 小説や映画の製作秘話などが掲載されているようで、こちらもプラスアルファとして読んでみると、より作品の奥深さが味わえるでしょう。

名優・役所広司「西川美和監督は“昔気質の監督”」と語る。緻密に作り上げられた『すばらしき世界』撮影秘話|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS

ところが、ひょんなことから智恵子が渓谷のつり橋から転落し、帰らぬ人となってしまいます。 窃盗での再犯でしたが、検事から『あなたはまた刑務所に戻りたいから、監視カメラのいっぱいあるところでまた盗みをやったんじゃないんですか?』と問い詰められていました。 だが、渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう。

3

"福岡の空気"を注入「すばらしき世界」 映画監督の西川美和さん|【西日本新聞me】

映画化を決める前に福岡で取材したそうですね。